Web会議に特化した
日程調整・営業支援サービス

日程調整からWeb会議ルームの共有、カレンダーへの入力など、煩雑なやりとりを効率化します。

How it works


利用の流れ

調整用URLを発行

打ち合わせ時間や予定前後のバッファなどの希望を設定し、提示する日程を選択すると調整用のURLが発行されます。

URLを相手にシェア

発行された調整用URLをメールやチャットなどで送ります。
日程候補を1つ1つ書き起こす必要はありません。

日程調整完了!

相手が日程を選ぶと日程調整が完了します。カレンダーには確定日時とWeb会議のルーム情報が自動で登録されます。

Integrations


他ツールとの連携

カレンダーツールはGoogleカレンダーと、Web会議ツールはZoom・Meet・Wherebyなどと連携しています。

日程調整が完了すると確定日時が自動的にGoogleカレンダーに登録されます。

Web会議を利用する場合はミーティングURLがカレンダーに自動で記載されます。

Client


Drシリーズ導入企業

Dr.Worksで日程調整を効率化する

日程調整やWeb会議のルーム情報の作成・共有などの作業が大幅に削減されます。

Issues


解決する課題

スムーズに調整できない

日時や場所、利用ツールなどのすり合わせをメールで行うと合意形成まで何往復もやりとりが発生します。多くの時間を要し、効率的な作業とは言えません。

候補日程の選択が手間

カレンダーとメールを行き来し、手入力でメール文を作成する作業は非効率です。また前後の予定を考慮して1つ1つ候補を選ぶことも大きな手間です。

Web会議ルームの案内ミス

たくさんのルームを作成すると管理が煩雑になります。会議URLの案内が正確になされず、打ち合わせが円滑に開始されないアクシデントが多発しています。

カレンダー登録を忘れる

日程調整が完了した後、カレンダーツールに確定内容を登録しますが、手動で登録作業を行うと登録忘れや誤記入などが発生する恐れがあります。

Features


特徴

候補日程を自動で抽出

登録されたGoogleカレンダーの予定を元に、空き時間を自動で抽出します。カレンダーから空いている時間を手動で抽出する必要はありません。

前後のバッファを考慮

Web会議で必要な前後のバッファは、実際の訪問に比べて短くなります。従来の日程調整ツールではできない細かなバッファ時間の確保が可能です。

会議URLを自動発行・共有

各種Web会議ツールとの連携を設定することで、日程調整と同時に、Web会議ルームのURL発行と事前共有を自動で完了させることができます。

カレンダーへの自動登録

日程が確定すると、双方のカレンダーに予定が自動で追加されます。確定した日時や詳細情報を再度カレンダーに打ち込む必要はありません。

Demo


サービスデモ

Dr.Worksで日程調整を効率化する

日程調整やWeb会議のルーム情報の作成・共有などの作業が大幅に削減されます。

MENU